全日本軟式野球連盟の公認球が変わる

Categories: 草野球

来年度から公認球が変わるらしい。
J.S.B.B.財団法人全日本軟式野球連盟:新公認球について
重量、サイズ、反発係数は今までのものと変わらないようですが、デザインが変わることにより空気抵抗が減り、打球や投球の質が変わる、とのこと。
具体的にどう変わるのかというと、

  • バウンド比較
    従来に比べ“2バウンド目”がやや抑えられる傾向にあり捕球面(守備等)での扱いが容易になる傾向にある。
  • 飛距離比較
    従来に比べ“空気抵抗”がやや抑えられる傾向にあり約10%の飛距離アップが期待できる。
  • 打球道比較
    従来に比べ“打球道”が素直になりより伸びてまっすぐ飛ぶ傾向にある。
  • 投球比較
    従来に比べ“縫い目”がより指にかかりやすく、効果的にボールに“力(回転)”を、伝えられる傾向にあるので、変化球もより変化が期待できる。

だそうです。
野球そのものの質が変わりそう。
個人的に気になるのは、やっぱり飛距離比較。
約10%の飛距離アップ!
今までエンタイトルツーベースになっていたのがノーバウンドで柵越え、つまりホームランになる可能性が高い!
ただし、この新球、連盟に加盟している各団体の大会では正式採用されるだろうけど、私設リーグなどではまだどうなるかわかりません。
少なくとも、スポーツ用品店などでは、まだまだ来年度も従来のボールが陳列され続けるだろうし。。。

«
»

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です