2005年7月22日 23:42

野球日本代表メンバーを考えてみる

国別対抗戦「ワールド・ベースボール・クラシック」(WBC)への日本プロ選手の参加が微妙になってきた。

<プロ野球選手会総会>国別対抗戦に現段階では参加せず(毎日新聞)

2年前ぐらいにこの大会の構想がメジャーリーグ機構から発表されてから、個人的にかなり楽しみにしていただけに非常に残念。

で、その頃から勝手にあたためていた日本代表メンバーを書いてみる。

1右翼手 イチロー
2左翼手 田口
3二塁手 井口
4中堅手 松井
5DH   松中
6捕手   城島
7一塁手 小笠原
8三塁手 今岡
9遊撃手 宮本
 投手   松坂

基本的にメジャーリーガー軍団に、アテネ組を加えたカタチ。
イチロー、松井、井口は確定として、去年三冠王で今年も現在二冠王の松中は指名打者で出したい。
それ以外は結構迷った。

まず外野。
大会球は恐らくメジャーと同じものと思われるので、あえて田口を優先させた。
しかし、調子によっては福留、高橋由、谷、和田、大村、赤星、青木、金城あたりも面白い。

続いて内野。
一塁手は経験と実績を考えると、やはり小笠原か。
三塁手は、打線のつながりを考えて今岡。
破壊力アップを狙うなら、岩村、おかわりくん中村、多村、小久保、新井か。
遊撃手は、アテネ長嶋ジャパンの主将で毎年コンスタントに3割を打つ宮本にした。
調子が戻れば松井稼頭央、あとは藤本、川崎、木村、井端、中島あたり。

捕手は城島にしてみたが、打線の上積みを狙うなら当然阿部も候補に入る。

そして投手陣。
先発は、やはり松坂。
それから、上原、和田、清水、川上、岩隈あたりでローテーションを組みたい。
中継ぎ陣にまわせる先発タイプの投手も含めると、国内組だけでもかなり豊富。
これに大塚、大家、石井などのメジャー陣が加われば、恐らく世界でもトップクラスの層の厚さになるに違いない。


こんな素晴らしいチームが見られなくなるかもしれないなんて・・・○| ̄|_